生活・お役立ち

狭い部屋の収納【工夫しだいで広いお部屋に】100均収納でもオシャレに!

投稿日:2019年6月9日 更新日:

皆さんは、綺麗なお部屋の
イメージってどんな感じですか?

「部屋が広い」
「素敵な家具が置いてある」
「物が少なく生活感がない」

など、

いろいろあげられると、思います。

「家は賃貸、2LDK、
子供もいるし、もうあきらめてます」

そんな声もよく耳にします。

でも、TVなどで、子供がいても、きちんと
綺麗にしているお家見たことがあると思います。

その全てが広いお家で、立派な家具や
日用品ばかりを置いてあるような家だったでしょうか?

家は工夫次第で片付きます。

カレン
工夫があれば快適になる!

広くはならないかもしれませんが、
広く見えるようにすることはできます。

そんな工夫の仕方を考え、実践してみませんか?

狭い部屋は住みやすい?!

「狭い部屋」と言うだけで、なんだか負け組のような、
マイナスイメージを持っていませんか。

「狭い部屋」には、

・掃除がしやすい
・物の位置がすぐわかる
・家賃が安い

という利点があります。

「物の価値」は人それぞれ

まず、家の中の物をさらりと見てください。

本当に必要なものと、
必要ではなもの
(もったいないから取ってがあるもの)
があると思います。

例)
・1年以上全く着ていない服
・高そうな(高い値段で買った)使っていないもの
・お土産にもらった置きもの
・読み返さない本
・子供が学校から持ってきたプリント
・子供の絵や制作物

「断捨離」の番組などで、これらは
「全て捨てていいもの」なんて言う方も
いらっしゃいますが、

私はそんなに潔くもなれず、物によっては
置く場所を決めて取っておける
ものを取っておくようにしています。

置物などは期間を決めて
取って置いて見てください。

1ヶ月以上置いて、まだ置いておきたいと
思ったらそれは、あなたに取って
(家族にとって)価値のあるもの。

決して値段は関係ありません。

だから置いてあったものが高いものでも、
「もういいかな」と思ったら、

「今までありがとう」の気持ちを持って処分しましょう。

「もったいない」気持ちはわかりますが、
ただ不必要なものに場所を取るのは、

そのものに家賃を払っているような
ものだと思うと、踏ん切りがつきます。

【収納の仕方】物の置き場所は空間が大事

少し家の中のものが少なくなったところで、
物を置く場所=物が帰るお家(お部屋)
のようなイメージで物の置き場所を作ります。

物が気持ちよくお家に帰れるように、
ぐちゃぐちゃに詰め込まれるのは、
物にとっても迷惑な話。

なるべく、スペースを取りながら
物の置き場所を考えます。

話は違いますが、お花の生け方でも
空間が大事って言いますよね?

どんなに綺麗なお花でも、
良さがわからないほど

グチャグチャの中に生けて
あったら全く綺麗ではありません。

ラベルやテプラなどで置き場所を
わかりやすくするのも良いと思います。

小さなお子様がいらっしゃる方は、
そうすることで子供が、

自分で片付けるという習慣が少しずつ付きます。

洗濯が終わった服なども家族ごと
にカゴに入れて畳んでみてください。

洋服しまうを入れるタンス(ケース)には
個人の名前と服の種類をテプラで貼っておくと
子供でも手が空いていれば、
家族の洋服をしまってくれますよ。

100均は安いからダサい?そんなこともありません。

100均に行くと、収納や
インテリアに関するものの多さに、驚きます。

夫に言わせれば、「どうせ100均でしょ」と
ちょっとバカにしたように言われるのですが。

私は、100均だろうが高い
収納家具だろうが、使い方次第と思っています。

ただ、どこで買うにしてもお店にフラリと
入って適当に1個だけ買って
くることだけはやめています。

どこの場所に使うのか、
何個必要なのか、
必ず測ってから購入しています。

収納に関していえばケースは
一つだけ必要ってあまりないものです。
物には色々種類がありますから。

100均が安っぽいと思っている方は
100均に行くたびに違う種類の違うケースを
1個ずつ買ってきて並べてしまていたりしませんか?

それが安っぽさを出しているのかも

同じものを3つ置くだけで、あら!不思議、
100均のものが、なんか高級に見えてきたりします。

・カラーボックスに入れるケース
・子供のプリントを入れるファイル
・ちょっと飾りにおく入れ物や置物

これ以外でも、食器やカトラリー、
台所に関するものなどはなるべく
色やメーカーを統一させるだけで、ちょっと高級感が出ますよ

■突っ張り棒を使った収納

最近よく突っ張り棒の利用の仕方について
番組で特集組んでいたりしますよね

確かに本当に便利だと思います。

もちろん、従来の使い方通り、
カーテンやものを引っ掛けるために使うこと以外に、

クローゼットの仕切り

2本ずつ縦に使い、
ものを縦置きするときに使います。

シーツなど、丸めて2個重ねて
おけるので、場所の削減になります。

トイレや狭い場所の空間

2本ずつ使い、上にワイヤーネットの
ようなものを置けば
(100均にそれ用の板も売っています)

トイレットペーパーなどのストックが置けます。
もう、こんなことはみなさん知っていますね。

知っているけどまだ試していない方、
誰でも簡単にできますのでぜひ試して見てください。

ただ、これも寸法などしっかり測って
買いに行くことを忘れないよう。

間違うとまたゴミを増やすこになりますよ。

全体の色の統一

先ほどから、同じものを3つとか
色を合わせた方が、みたいなことを書いていますが、

やはり色はあまり多彩にならない方が、
部屋が広く見えるように思います。

こればかりは個人の好みなので
何色がいいとは断言できませんが、

私は
白をベースに
自然に近い色(茶色とか落ち着いたグリーン)
で少しずつ統一していくと
落ち着いた部屋の印象になるような。。。

これは、私の好みです。

家具の位置を低くしてみる

家に必要な家具を「こうじゃなければだめ!」
と思い込んだりしてませんか?

例えば、「リビングにはソファーがなければ」とか、
「食器は食器棚!」みたいな。

私も実はそう思っていた
時期があったのですが、考えを改めました。

結果、ソファーも食器棚もなくてOKです。
プラス、冷蔵庫も子供がいるからと
言って大型冷蔵庫が必要ではありません。

私の家の場合、引っ越してきた
マンションのドアの幅が狭くて、

大きな家具や冷蔵庫は入らなさそうだと言う理由で、
ソファや大型冷蔵庫を諦めましたが、

お影で、経費節減、
座卓テーブルに座布団
(クッション)生活も悪くありません。

今まで椅子に座って食事をしてきた
ダイニングテーブルなどもあえて無くし
全体を低く家具を配置しました。

食器棚ももちろんありません。
カラーボックスを何個か並べてみせる収納をしています。

冷蔵庫は、さすがに小さいのは
不便かな〜と思ったのですが、

使ってみると中に入っているものを
常に把握できるので、

ストックしすぎで捨てることもなく、
経費節減につながっています。

自分の胸より高い位置の家具をなくしました。

子供でも全て片付けることができる収納のみです。

上に空間があるだけで、
家は広く見えます。

観葉植物などの緑を
その空いた空間に置くだけで、

また部屋がオシャレに
見えてくるから不思議です。

まとめ

狭いお部屋だからとあきらめていたのは
本当に狭いのが原因ではないのが
わかっていただけたのでは?

大切なことは

・空間を大事にした収納
・全体の色と形の統一(100均でも使い方によってはOK)
・家具の配置の仕方(低い家具にしてみる)

綺麗に片付いている家はなぜか掃除したくなるもの
維持するのはそんなに難しいことではないと思います。

部屋を綺麗にすることは
お金をかけなければできないことではありません。

家族も笑顔になる、
狭い部屋を広く見せる工夫をしてみませんか?

-生活・お役立ち

Copyright© 空色ジャパン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.