毎日の家事を効率化しよう!今すぐ始められるアイデアをご紹介!

毎日毎日続く家事には
終わりがないですね。

仕事と子育ての両立の中でも
家事の負担は悩みの種ではないでしょうか?

そんな毎日の家事は効率化することで
心と体の負担を軽くすることができますよ。

今すぐ始められるアイデアをご紹介します!

家事の三大柱 時短で炊事・掃除・洗濯を効率化

家事の代表的な物と言えば
炊事・掃除・洗濯の3つですね。

どれも時間がかかり
人によっては苦手意識を持っている方も
いらっしゃると思います。

働く女性が増え
家事の「時短」という言葉を
耳にすることが多くなりましたね。

この3つの家事を効率化する
時短アイデアをご紹介します。

炊事の時短アイデア

毎日の3食を用意することは
本当に大変ですよね。

何を作るのか考える他にも
栄養のバランス
見た目
調理の時間

炊事ほど手間がかかる家事は
ないでしょう。

① 1週間の献立を大まかに考える

1週間の献立を大まかに考えてください。
まとめ買いができるので
買い物の手間を短縮できます。

献立を簡単な表に書いておくと分かり易いですね。
栄養のバランスも一目で分かりますよ。

毎日何を作ればいいのか
考える時間も省くことができます。

② 次の食事分も一緒に作る

夕食を作る時に、翌日の朝食用や
お弁当分を軽く作っておきましょう。

ブロッコリーやホウレン草を茹でるなど
簡単な下準備をしておくと
翌日が楽になりますよ。

③ 作り置きをする

作り置きは多くの方が行っている
時短方法と思います。

ネットの作り置きレシピも参考にしてみてください。
つくりおき:https://cookien.com/popular-recipes/
つくりおき食堂:https://mariegohan.com/3631

ひじきの煮物、きんぴらごぼうなど
副菜は沢山作って置いておけますね。

副菜の作り置きは
メイン料理が出来上がる前に
食べてもらうことができるので
空腹を少し満たしてくれます。

タマネギのみじん切り
薬味ねぎのみじん切り
ごぼうの千切り
このような細かい作業は、時間のある時に
まとめて行ってしまいましょう!

掃除の時短アイデア

リビング・お風呂・キッチンと
家族が毎日使う場所は
綺麗にしておきたい!

と思っても、手が回らない時が
ありませんか?

出来ない事にイライラしては
ストレスが溜まります。

掃除は毎日しなければいけない!
という思いを一度捨ててみましょう。

① 曜日ごと掃除をする場所を分ける

月曜日はリビングの拭き掃除
火曜日はお風呂の掃除を念入りに
水曜日は2階の子供部屋を

という感じで曜日ごとに
掃除する場所を分けてみましょう。

掃除機をかけるのは
火・木・土曜日にする
など少し簡略させるのも一つです。

② 便利グッズをすぐ取れる場所に置く

除菌シート、ハンドクリーナーやコロコロなど
部屋のすぐ取れる場所に置いておきましょう。

汚れた時にサッと拭いて
お菓子の食べこぼしも
すぐ取ってしまえば気になりませんね。

③ こまめに掃除して汚れを残さない

ガスコンロの汚れは
最後に必ず拭くと
頑固汚れになりません。

シンクの汚れも
最後にキッチンクリーナーを
掛けておくだけで溜まりません。

洗面所やトイレも同じです。
汚れを残さないように
使った後にサッと拭くと習慣を
身に付けましょう。

軽いこまめな掃除が
大掃除の時の時短になります。

洗濯の時短アイデア

洗濯は、仕分けして
洗って干して畳む
長い行程の家事ですね。

お天気にも左右されるので
面倒な家事とも言えます。

① 畳まない洗濯物

最近、よく「畳まない洗濯物」
という言葉を聞きませんか?

これはハンガーにかけて干して
乾いたら、畳まずそのままクローゼットに
かける収納方法です。

ハンガーの数や収納場所の都合で
どの家庭でもできるアイデアではありませんが
畳む手間が省けて時短になりますね。

② タイマー機能を利用

朝起きたら干せるように
夜寝る前に干せるように
タイマー機能を使ってみましょう。

食事の支度をしている間に
掃除機をかけている間に
洗濯機を回すようにすると
同時進行で家事が進みますね。

③ 分けて洗う

肌着や下着は毎日洗い
余り汚れていない物は1日おき
など分けて洗いをしましょう。

洗濯物の量を調整できるので
干す時間、畳む時間を
時短できますよ。

家族の役割分担で効率化

家事は女性だけの仕事では
ありませんよね?

夫や子供達家族みんなで
協力し合える仕組みを
作ると効率化できます。

家族の分担表を作る

料理の手伝い、お風呂掃除
玄関掃除、買い物など
ちょっと細かい分担表を作ります。

表を作り、家事を見える形にすることで
毎日の家事の大切さが分かります。

子供達の年齢によって
出来ることを増やしみましょう。

出来たらお小遣いを渡してあげると
使い方の勉強にもなります。

家事を覚えることは
将来の役に立ちますね。

名もなき家事は夫の仕事

「名もなき家事」とは
名前のつかない些細な家事のことです。

トイレットペーパーや洗剤の補充
食べる前の台拭き
新聞や雑誌をまとめる
蛍光灯や電球の交換

どれも、家事の中でも
些細だけれど
やらなければいけない家事ですね。

夫に頼んでも
「めんどくさい」の一言で
終わってしまいそうですが、
名もなき家事を知ると
家事の大変さがよく分かりますよ。

まとめ

誰もが平等に1日は24時間です。

仕事と子育て、家事に動くには
24時間なんて足りない!
と感じている人もいると思います。

家事の効率化も大切ですが
手を抜く日を作ることも必要です。

自分なりのやり方で
効率良く家事をこなしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました