日航(JAL)副操縦士からアルコールが検出!出発の2時間前に飲酒!?

日本航空(JAL)の副操縦士からアルコールが検出されて、交代される事態になりました。

この副操縦士は出発の2時間前に飲酒をしたようです。

日航のルールでは、滞在先では24時間前から禁酒としています。

これが起きたのが8/10とのことですから、御巣鷹山の日航機事故が起きた8/12前だったのに、安全に対するパイロットの意識を疑ってしまいますよね。

そして、日航の会社としてはしっかり安全対策をしていることが分かる報道ですよね!チェック体制がしっかりしていて、ミスがあればそれを発表することが徹底されています。

ただ、起ったのが8/10で発表が8/13だったので、「8/12前の発表は避けた。」という事実はあります。

世間・twitterの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました